カードローンで失敗しないためにできること

誰にもバレずにカードローンをする方法とは!?

30代男性の体験
(職歴)公務員5年、会社員9年、自営業(個人事業主)2年
公務員として就職しましたが、生産的な仕事をしたいと思い会社員になりました。
会社が大きくなるにつれて、自分のやりたいことができなくなってきたため独立。
今は個人事業主として勤務しています。

ボーナスをあてにして

28歳のときに、新車を購入することにしました。
また、当時の職場ではお酒好きな人が多く、仕事後は毎日のように居酒屋へ・・・。
当然のようにお金がなくなっていき、ボーナスで支払えば良いだろうと思い、カードローンの申し込みを決意しました。

レイクを選んだ理由

カードローンに申し込む前に、ネットでいろいろと調べました。
即日発行できて、提出書類もなく、誰にも知られずに申し込めるとのことで、新生銀行カードローンのレイクを選びました。

誰にも知られたくない

私にはカードローンを利用することを、誰にも知られたくない理由がありました。
親が人から借金をすることを良く思っておらず、バレたら大喧嘩では済まされない状況であったためです。
申込時は入り口の扉にロックがかかり、他の人から目が届かない個室で申し込みできます。
また、登録した住所への郵送物は一切ありませんでした。
職場への確認電話はあったのかも知れませんが、バレることなく済みました。
一度延滞があったときにも、携帯電話への連絡のみでした。

手数料のいらないところで返済

レイクのカードローンはコンビニのATMで利用できます。
利子以外の手数料が必要ないため、土日などの銀行の手数料が高いときに出金するよりもお得(?)な気がしました。
またクレジットカードのキャッシングよりも利子が安いため、緊急にお金が必要なときは重宝しています。

実際に利用した私から言えること

どうしても困ったときには、利用してみると良いです。
私自身は大変助けられました。
一方で、カードを手元においておくと、ついつい使いすぎていまうことがあります。
どうしても困ったときだけ利用して、支払いが完済したときにはカードを解約する、金庫にしまっておくなどして、カード依存にならないように気を付けましょう。